雄琴プルプルグループ
関東・関西JPグループ

エステのお仕事内容をマンガ付きで詳しく解説

エステイメージマンガ

舐めない、脱がない、触られない、“3ない”の革命

“舐めない、脱がない、触られない”という広告のキャッチフレーズで風俗業界に広く知られるようになった、比較的新しい業態がこの「エステ(マッサージ)」です。このキャッチフレーズは、高収入のアルバイトを探す多くの女性から風俗業界での仕事への抵抗をなくし、“性風俗店なのに”という理由で実際に多くの女性を風俗業界に集めました。もっとも、店によっては「脱ぎ」や「タッチ」を部分的に認めている店もあり、すべてが“3ない”に適うわけではありません。ですが、「脱ぎ」や「タッチ」はあくまでもオプションとして設定されていることが多いので、入店の際にNGにしておけば問題はありません。エステにはいくつかの種類があります。

アロマオイルでリラックスと快感を提供

エステにはいくつかの種類があります。まずはアロマオイルを使ったマッサージに“セクシーさ”を盛り込んで、体を密着させてマッサージマッサージを行うエステです。中には胸や股間を使っての男性の興奮を刺激するマッサージもあります。最終的に手でのサービスが基本です。“リラックス”と“抜き”の両方を提供するのがエステの基本です。女性が裸になり、最初から手や口で性感帯を刺激するヘルスのような一般的な“風俗”とは違い、マッサージで徐々にリラックスし、同時に興奮が刺激され、その流れから“間接的に”抜きのサービスに入る、焦らしともとれるような業態が一部のファンから大きな支持を得ています。もちろん「エステ」の言葉どおりマッサージは本格的で、一般のアロマエステの講師を招いて講習を行い、店で働く女性のマッサージの習熟度を高める店が多く、働きながら本格的なアロマ知識を身につけることも可能です。

男性を“一方的に”責める「性感マッサージ」

風俗業界での「性感」とはアナルへのサービスを意味します。寝転がったお客の体をタッチやリップで刺激しながら徐々にアナルへ刺激を与えていき、そのままフィニッシュへと導くのが「性感マッサージ」です。性感マッサージを行う際には、エステティシャンは指にサックを装着してアナルに挿入し、前立腺を刺激します。同時に、行っている行為を実況するなどの言葉責めを行い、羞恥心を煽ることでダブルの快感を与えることもあります。この言葉責めはSMプレイに用いられる女王様口調ではなく、お母さんや先生のようにやさしく、愛情をもったソフトなトーンで行います。尚、責め方にある程度の技術やコツが必要になるので、入店すると即出勤・・・とはならず、研修期間が必要となる店が多いです。さらに、性感マッサージに睾丸へのマッサージを加えた「回春エステ」と呼ばれる業態もあります。

オプションは少なく「本数」で勝負

他の風俗の業種と同じように、まずは何人のお客の相手をしたかで基本給が算出されます。もちろん、接客する機会がなければいくら出勤をしても収入はゼロになりますが、入店したばかりの新人コンパニオンに対しては「出勤保証(出勤することで最低限の給料を保証する制度)」がとられる場合もありますので、入店して実際に仕事を始めるまでに確認しておくのがいいでしょう。基本給は、接客したお客が何分のコースを利用したかによって変動します。長いコースになればなるほどお客が支払う金額も大きくなりますので、比例してエステティシャンの収入も上がります。一度サービスを行ったお客が自分を気に入ってリピーターになり、次回訪問時に自分を指名すると「本指名料」が発生します。多くの店では、この本指名料の全額もしくは一部がエステティシャンの収入として加算されます。

0件 検討中

一括応募ページヘ

お約束アイコンのついているお店は何が違うの?