ホテヘルのお仕事内容をマンガ付きで詳しく解説

ホテヘルイメージマンガ

「受付→ホテル」の流れでサービスは多彩

「ホテルヘルス(ホテヘル)」は「デリバリーヘルス(デリヘル)」の派生業種で、デリヘルの中で、実店舗として受付がある店のことです。ホテヘルという名称は営業形態の区分けからできた名称で、ひと口にデリヘルといってもサービス内容は多彩。一般的なヘルスサービスの店の他に、「性感ヘルス」や「イメージクラブ(イメクラ)」、「SMクラブ」、「ソフトSM」、「エステ」など、様々な業態が混在しています。そのため、これから働く店を選ぶ際には、どんな業種のサービスがホテヘルとして行われている店なのかを確認しておく必要があります。風営法の規制で、実店舗(受付)のあるホテヘルはヘルス同様に深夜12時までしか営業できません。ですが、受付を12時に閉め、それ以降は電話受付のみに切り替えてデリヘルとして時間制限なしで営業する店もあります。

受付店舗は駅近くや繁華街にある

ホテヘルを利用するお客から見ると、一旦店に立ち寄って受付を済ませるというひと手間が増えるだけで、あとはデリヘルの利用とさして変わることはありませんが、実際に働くコンパニオンからするとホテヘルとデリヘルには大きな違いがあります。まず、ホテヘルには店に受付があるため、プレイするお客はまずは店を訪れます。そのため店はお客が来店しやすいよう駅の近くや繁華街など、他の多くの風俗店や飲食店が集まるエリアに出店していることが多いです。コンパニオンの待機場は受付の近くに設置されることが多いので、基本的に駅や繁華街の近くなど、普段の生活で慣れた場所に出勤することになります。ホテヘルの受付や待機場がある店舗は、風営法の規制で看板を出すことができませんので、出勤の際も安心ですお客に実際にサービスを行う場所は受付店舗に近いホテルです。そのため待機場から出かける移動も短時間です。移動が少ないので、一日を基準に考えると同じ拘束時間を有効に活用できるのはホテヘルだといえます。

基本給はサービスの回数と時間で決まる

給料面では、まずは何人のお客を接客したかによる基本給がベースになります。もちろん、接客する機会がなければいくら出勤をしても収入はゼロになりますが、入店したばかりの新人コンパニオンに対しては「出勤保証(出勤することで最低限の給料を保証する制度)」がとられる場合もありますので、入店して実際に仕事を始めるまでに確認しておくのがいいでしょう。基本給は、接客したお客が何分のコースを選んだかによって変わります。長いコースになればなるほど、お客が支払う金額も大きくなり、コンパニオンの収入も大きくなります。収入をアップさせるためには、一度接客したお客をリピーターにすることができるか、というところが大きくなります。次回来店時に指名されると「本指名料」が発生し、この全額か一部を収入に加えることができます。

受付スタッフがいるメリットを最大限に生かそう

ホテヘルとデリヘルとの違いは「受付がある」ことですが、この違いがお客を獲得する上で大きなメリットとなります。広い範囲に公開されることになるHPに顔写真を掲載することに抵抗がある女性の中にも、店を訪れたお客だけに見せる、写真と簡単なプロフィールをのせた「パネル」になら顔写真をのせても大丈夫、という女性は多くいます。この「顔が見られるのか見られないのか」は、お金を出してサービスを受けるお客にとって思った以上に大きいものです。顔がかわいいのかそうではないか、ということ以前に、「顔が分かる」という安心感が指名につながります。また、受付には男性スタッフがいるので、写真だけでは伝わりにくいコンパニオンの魅力を口頭でアピールしてくれます。スタッフはお客の好みを聞いた上で多数いるコンパニオンをアピールするわけですが、普段からスタッフと仲良くしたり真面目な勤務態度を見せていれば、スタッフからお客へのアピール加減も変わってくるでしょう。

0件 検討中

一括応募ページヘ

お約束アイコンのついているお店は何が違うの?